メンズスキンケアで男だって美肌! → 好感度UP!

 パーフェクト メンズスキンケア 〜男だって美肌!〜 


「スキンケアなんて男がするもんじゃない」と思い込んでいませんか?
実は、男性の肌は女性以上にダメージを受けやすい状態にあります。

メンズスキンケアの必要性

シェービング
毎日のシェービングは肌の健康に必要な角質まで削っています。

紫外線
化粧をしない肌に紫外線を直接浴びるため、シミができやすい状態にあります。

皮脂量は女性の約2倍
男性は女性の約2倍の皮脂量を分泌している為、その肌は常に汚れやすい状態にあります。

睡眠不足
肌や髪の毛は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって修復されます。
イキイキした肌は清潔感・好感度UP・タフガイのアピール等々 得する事が多い!
より魅力的な表情をキープするためにも、男こそもっと肌の健康に気を使うべきだと
思いませんか?あなたは今よりもっともっとモテる男になれる!今日から始めよう!



男性の肌は女性に比べて皮脂線が太い為、皮脂の分泌が多く、水分が少ないという特徴があります。つまり、”アブラっぽいのに乾燥しやすい”のです。
また、毎日のヒゲ剃りで顔の皮脂・角質まで取り除いてしまう為さらに水分が逃げやすく肌荒れしやすい状態にあります。
ここではメンズスキンケアに関する基本知識をご紹介します。

 洗顔 

男性の肌は皮脂の分泌量が多く、ホコリや髪の毛などで毛穴がつまるとニキビ、吹き出物などができやすい性質があるのです。清潔で健康な肌を保つためにも、朝と夜の2回は洗顔するようにしましょう。

@水やぬるま湯で一度軽く顔を湿らせる程度に洗い、洗顔料を肌になじみやすくします。

A洗顔料をよく泡立てましょう。泡立てずに洗顔するとムラになりやすく、後で洗い流す際、落ちにくくなります。

B手のひらでやさしくマッサージするように洗いましょう。

C清潔なタオルを顔に押し当てて、水分を吸い取るように拭きましょう。ここでゴシゴシすると肌を傷つけることがありますので注意して下さい。

朝と夜の洗顔について

朝と夜の洗顔にはそれぞれ違った目的があります。
朝の洗顔は、夜眠っている間に分泌された皮脂を洗い落とす、そして、夜の洗顔では日中の活動で顔に付いたホコリや汚れを落とすのが目的です。

顔への水分補給(保湿)について

肌が脂ぎってしまう原因の1つに水分不足が考えられます。肌が潤っていると水分と脂分が適度に存在していますが、乾燥してくると肌が水分を補おうとして皮脂が過度に分泌され、脂ぎってしまうのです。洗顔後はお肌にしっかり水分を与えて保湿しましょう。以下の水分補給方法を参考にして下さい。

@化粧水をたっぷり手にとり、顔を両手で包み込むようにしながら化粧水をなじませます。

A化粧水を肌に浸透さすために、指先でかるくパッティングします。

B乳液かクリームを顔に伸ばし、化粧水による水分が逃げないようにします。

C手で顔を覆って肌を温めます。こうすることによって化粧品の浸透度が高まります。

 髪の毛の手入れ 

髪の脂っぽさの原因は頭皮に分泌される皮脂。その量は、体に分泌される皮脂量の5〜10倍もあります。頭皮の毛穴につまった皮脂や髪の毛に付いた汚れ・臭いを取り除くためにも毎日のシャンプーはかかせません。ボディを洗う石けんではなく、ヘアシャンプーを使って”頭皮を洗う”のがポイントです。

@お湯で頭全体を十分濡らし、髪の表面についた汚れを落とす様にサッと洗います。この時、フケが気になる人は、髪を濡らす前にブラッシングでフケを浮き上がらせておくと良いでしょう。

Aシャンプ−を手のひらで軽く泡だて、髪全体になじませます。

B指の腹を使って”頭皮”をもみ洗いします。この際、ツメをたてて洗わない様注意して下さい。

Cシャンプーが残らない様しっかり洗い流します。

D髪の水気を軽くふき取りリンスを髪全体になじませます。30秒〜1分程おいて、お湯でしっかりと洗い流します。

リンスとトリートメント

リンスは髪の表面をコーティングし、水分・脂分を逃さないようにします。頭皮の皮脂と混ざると脂っぽくなるので、毛先を重点的になじませるようにしましょう。

トリートメントは傷んだ髪の補修剤です。不足がちな水分・脂分・タンパク質等を補います。使用は週1〜2回でOK。その際、髪全体と頭皮にもなじませる様にしましょう。リンスと同じく、しっかり洗い流すのをお忘れなく。

シャンプーの回数

頭皮に分泌される皮脂には、肌に潤いを与える・細菌等から守るといった役目もあります。つまり適度な皮脂は必要だといえます。「自分は脂性だから・・」といって1日2回以上のシャンプーは過剰に皮脂を取り除いてしまう危険性があり、頭皮の乾燥やかゆみ等別のトラブルの発生原因にもなりかねません。
これらのことから、1日1回ていねいにシャンプーをすることが理想的といえるでしょう。

シャンプー後の乾燥

シャンプー後の濡れた髪をドライヤーで乾かしている人が多いと思いますが、髪は熱に弱い為、長時間 のドライヤーは髪を傷めてしまいます。ですから、まずタオルでできるだけ水分を拭き取ってから低温・短時間のドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。
また、自然乾燥をさせている場合、濡れた頭皮の温度が低下し、血行の悪化につながります。また雑菌が繁殖することもありますので、髪と頭皮はきちんと乾かすようにしましょう。


   Copyright © 2004−2017 (パーフェクトメンズスキンケア) All rights reserved
【免責】当サイトの内容は自己の判断でご利用ください。当サイト内でいかなる損害が発生しても補償しかねます。
トレンド情報ブログ インスリンの副作用
 ◇当サイトはリンクフリーです